ONDO LOGO

【暗号資産 ONDO】Ondo Financeがもたらす金融革命:RWAトークン化の可能性

知っていますか?

今、ブロッックチェーンの界隈では

RWA化が着々と動いていることを


RWA分散型金融Centrifuge、23億円調達


RWAトークン化大手セキュリタイズ、4700万ドル(72億円)調達──ブラックロックが主導


RWAを理解してるかな?

今後現実資産をトークン化して

今までは難しかった、資産の分割、いろんな人が

届きやすい価格で平等な環境での取引が可能になることを・・・

今後の動向を観察し、自分たちの資産をぜひ増やせるように動けたらと思う。

では詳しく見て行こう


仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

2024年秋からのバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


Coincheck

Coincheckの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ Coincheckはこちらから

コインチェック

Coincheck公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. APT、TONなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

RWA(Real World Assets)トークン化とは?


RWA(Real World Assets)のトークン化とは、

株式や不動産、債券、アート作品などの実際の資産をブロックチェーン上でデジタル資産として表現することを意味し

リアルな資産をデジタルで管理する内容を作成し、それをブロックチェーン上で管理する


これにより、現実世界の資産がデジタル化され、より簡単に取引や所有が可能になる

具体的には、ブロックチェーン技術を利用して、物理的な資産の所有権をデジタル化し、

それをトークンとして流通させることである


Ondo Finance(ONDO)の革命的なアプローチ


Ondo Financeは、RWA(Real World Assets)のトークン化に特化したプロジェクトであり

ブロックチェーン技術を活用し、以下のような革新的なアプローチを採用する

資産の流動性向上

RWAをトークン化することで、通常は流動性が低い資産(例えば、不動産やアート作品)を

簡単に売買を可能にする

取引コストの削減

ブロックチェーン技術により、仲介者を排除し、取引コストを大幅に削減する

また、同時に即時に全ての参加者に公開する

これにより、より多くの人々が投資に参加できるになる

透明性と安全性の確保

ブロックチェーンの特性を活かし、すべての取引は透明かつ安全に実施される

これにより、詐欺や不正行為のリスクを軽減する



Ondo Financeは伝統的な金融システムと分散型金融(DeFi)の融合を目指し

新しい投資機会を提供することを目的としている

これは、資産の小口化によって、多様な投資家が参加可能にするということ


ONDOとはOndo Financeのガバナンストークンである


Ondo Finance(ONDO)の主要機能とそのメリット


ではもう少しOndo Finance(ONDO)について掘り下げてみて行こうと思う

Ondo Financeの主要機能:RWA(Real World Assets)のトークン化

株式や不動産、債券などの現実世界の資産をデジタル資産としてトークン化させる

これにより、現実の資産がより簡単に取引可能にする

金融商品提供

米国債や短期国債ETF、マネーマーケットファンドなど、

今までは、ある限られた環境、または特定のメンバーしか取引できなかった資産を公開し

取引の機会を皆に与える

24時間365日の取引

トークン化された資産はブロックチェーン上で取引されるため

世界中で24時間365日、仲介者を介さずに直接取引が可能になる

資産の分割保有

高額な不動産やアート作品などの資産を小口化し

多くの投資家が少額から投資可能にする

トークン化することで、少額での取引を可能に(いろんな投資家へ機会を与える)


Ondo Finance(ONDO)のメリット


次にOndo Finance(ONDO)のメリットについて触れていく

流動性の向上

トークン化によって、通常は流動性が低い資産の売買が容易になり、流動性が大幅に向上する

取引コストの削減

ブロックチェーン技術を活用することで、仲介者を排除し、取引コストを削減する

これにより、取引がより活性化する

透明性と安全性の確保

すべての取引がブロックチェーンに記録されるため、透明性(公開される)が高く、取引の安全性が確保される

詐欺や不正行為のリスクも削減される

規制遵守と信頼性

Ondo Financeは規制と税務の遵守に積極的に取り組んでおり、投資家の信頼を得ている

グローバルなアクセス

米国以外の投資家も二次市場でグローバルに取引可能であり、国際的な投資機会が与えられる


Ondo Finance(ONDO)が提供するUSDY、他のステーブルコインとの違いとは?


Ondo FinanceはUSDとペッグしたステーブルコインである

USDYを発行している

これはUSDT、USDCなどのステーブルコインと何が違うのか?

USDYとは?

USDYは

米国債と銀行預金によって担保される

米国ドルにペッグされるステーブルコインである

USDYのメリット

テザー社のUSDTなどはのステーブルコインは

DeFiなどで利用できるなど利便性はあるが

USDYはそれに加え、保持しているだけで利回りが発生する

しかも、年率5%を超えるという

また、Ondo Financeの関連会社のOndo USDY LLC が

ユーザのUSDY(資産)を守る

Ondo Financeが経営破綻しても安全というわけだ

Ondo USDY LLC はアメリカの金融犯罪取締ネットワーク

FinCENに登録されている

https://twitter.com/OndoFinance/status/1768306100837687756

USDYのデメリット

USDYは米国以外の居住者向けの商品である

しかし、下記URLに接続するとわかるが

日本居住者も購入はできない

https://ondo.finance/usdy

USDY Restricted
出典:Ondo Finance

じゃどうするの、Ondo Financeのガバナンストークンがある

投資という意味ではONDOへ投資

USDYはそもそもステーブルコイン

保持していれば年利5%はあるが

暗号資産のボラには敵わない

USDYは利用できるチェーンを増やしている

USDYは現在

  • イーサリアム

    イーサリアム L2ネットワークのMantle

    solana

    ATOM(コスモス)

    Sui

    APTOS

に対応している

今後のさらに複数のネットワークに対応していくものと思われる


ONDOは2033年には10倍の価格へ?


ONDOをcoindataflow.comで今後の価格予想を出すと

2033年には現在の価格は現在の価格の10倍以上(2024年6月現在 1.3ドル)と算出

最低で8ドル、最高で21ドルである

長期で保有できる人は、試すのもありですね

余剰資金でですよ


ONDOの購入方法は?


RWA(Real World Assets)が注目を浴びているとはいえ

日本での取り扱いはまだ・・・

まずは、下記おすすめの取引所で口座開設

自分のウォレットへ送金、swap

または、海外の取引所へ送金して、swapや購入を勧める

cript 暗号資産を取り扱うには、今後はウォレット、海外の取引所は必須である

関連記事

結論から先に話をしますと 日本人がgate.ioを利用するにあたって、メリットが大きいです。 直近では、LUNA(LUNCではなくLUNA2.0)への対応が早い OP(Optimism[…]

gate.io
関連記事

わからんち MetaMask聞いたことあるよキツネさんの顔したお財布アプリでしょ? kamyuri そうだよwalletはいくつも種類はあるけどほぼみんなが利用するであろうMetaMaskの紹介だよ […]

fox

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

2024年秋からのバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


Coincheck

Coincheckの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ Coincheckはこちらから

コインチェック

Coincheck公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. APT、TONなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

ONDO LOGO
最新情報をチェックしよう!