仮想通貨 ソラナ(solana/SOL)今後のブロックチェーンの改革となるか?なぜ価格が上がる?

ソラナ(solana/SOL)とは


理解

ブロックチェーン名 ソラナ solana
ティッカーシンボル SOL
コンセンサスアルゴリズム PoH(Proof of History)
時価総額 ¥5,927,140,873,640(2024年1月 coinmarketcap調べ)
時価総額ランキング 5位(2024年1月 coinmarketcap調べ)
発行上限 なし
HP https://solana.com/ja

ソラナの特徴を簡単に説明する

ソラナ(solana/SOL)は下記特徴を持っている

他にもステーキングができるなどあるが、一旦特徴を上げておく

  • DAppsの開発環境(プラットフォーム)
  • 他のブロックチェーンとの接続が可能(相互運用)
  • 高速・低コスト

    DAppsの開発環境(プラットフォーム)

    ソラナにはスマートコントラクト機能が実装されており

    イーサリアムと同様にDAppsの構築が可能である

    関連記事

    今回はデジタルシルバーともいわれるイーサリアム、 また、特徴であるスマートコントラクトについてみていきましょう。 イーサリアム(Ethereum) BitCoinと同じく仮想通貨であり[…]

    他のブロックチェーンとの接続が可能(相互運用)

    ソラナにはインターオペラビリティ(相互運用)機能が搭載されており

    他のブロックチェーンと接続が可能である

    通常は他のブロックチェーンと接続は不可能であるが、ソラナには可能である

    現時点ではイーサリアムとの接続が可能である

    高速・低コスト

    ソラナはイーサリアムと比較しても、

    高速・低コストです

    ブロックチェーン

    トランザクション(1秒間での処理数)

    コスト
    イーサリアム 15件 1.36ドル https://etherscan.io/gastracker#chart_gasprice
    ソラナ 710,000 0.00025ドル


    仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

    次の2024年のバブルに備えよう

    おすすめの国内取引所


    コインチェック

    コインチェックの特徴

    1. 比較的扱っている通貨が豊富
    2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
    3. さまざまな日本円の入金方法
      • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
      • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

    4. NFTの取引ができる


    未来への投資へ コインチェックはこちらから

    コインチェック

    コインチェック公式サイトへ

    SBI VCトレード

    SBI VCトレードの特徴

    1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
    2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
    3. 取引手数料がすべて無料
      • 口座開設手数料
      • ロスカット手数料

      • 口座維持手数料

      • 入出金手数料

      • 取引手数料

      • 入出庫手数料


    SBIのネットワークを最大に利用できる

    SBI VCトレード

    SBI VCトレード公式サイトへ

    BitTrade

    ビットトレードの特徴

    1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
    2. セキュリティ評価、世界最高水準
    3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
    4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

    ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

    フォビジャパン

    ビットトレード公式サイトへ

    BitBank

    BitBankの特徴

    1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
    2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
    3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
    4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

    オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
    bitbank(ビットバンク)

    ビットバンク公式サイトへ



    ソラナ(solana/SOL)のブロックチェーン技術と影響力


    テクノロジー

    ソラナ(SOL)は

    コンセンサスアルゴリズムにPoH(Proof of History)を採用している


    今までのビットコインのようなL1(レイヤー1)の

    ブロックチェーンの技術では時間の概念がなく

    承認などの検証でも時間を利用することはなかった

    しかし、ソラナ(SOL)では

    時間の概念を取り入れることで、

    セキュリティ

    速度

    ともにアップさせ

    Proof of Work(PoW)あるいは Proof ofStake(PoS)などの

    合意形成アルゴリズムと併用することで

    ビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)であり

    より、状態共有のスピードをアップしたネットワークを構築可能としている。

    (=Tower BFT(Byzantine Fault Tolerance))


    現在のコンピュータの性能と1Gbpsの通信速度であれば

    1秒あたり 710,000の処理能力を持つ

    同じL1のイーサリアムと比較しても

    約47,000倍もの処理能力がある

    しかも低価格・・・0.00025ドル(約0.04円)

    現在ソラナ(SOL)の価格が上昇している理由は

    L2を利用せずとも、L1のみで

    低価格、速度、安全面で注目されているからである


    ビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)とは?


    衝突

    そもそもビットコインのコンセンサスアルゴリズムであるPoWは

    ビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)な

    チェーン対策がされたものである

    PoWはビットコインが誕生する前からも存在しており

    ビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)

    とする方法の一つである

    では、ビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)とは

    なんたるか? だが

    この説明の前には”ビザンチン将軍問題”の話をしないといけない

    2人の将軍がおり、1人の将軍はリーダとして動き、

    もう1人の将軍がフォローする立場だとする

    しかし、対する敵軍は各将軍の部隊では到底かなう相手ではなく

    必ず2人の将軍の部隊が協力しないと、勝利を得ることは無理である

    また、各将軍の部隊は敵軍を跨いで構えており

    連絡網はない

    では、各部隊が同時に攻撃しないといけない場合には

    敵軍がいる陣地を切り抜けて(隠密でもいいが)攻撃、また、

    攻撃の時間を伝えないといけない

    しかし、うまくフォロー側の将軍の部隊に連絡がついたとしても

    連絡を受け取った結果を知らせる必要が出てくる

    同じく、敵軍の陣地を跨いで連絡が必要であり

    この問題は100%解決は無理である

    さらに2つの部隊ではなく3つと増えた場合にはもっと難しく、

    2/3以上の合意がないと撤退となる

    このような問題の解決策がビザンチンフォールトトレランス(Byzantine Fault Tolerance)である

    ビザンチンフォールトトレランスでは、

    異なるノード間でのメッセージングと合意形成を通じて、

    ネットワーク全体での一貫性を確保する。

    これにより、システムは少数の悪意のあるノードやエラーからも正確に合意を形成できるようになる

    ソラナ(solana/SOL)チャート 現在の価格


    価格

    2024年1月時点でのソラナ(solana/SOL)の価格は

    95米ドル

    日本円にして約1万4000円未満である

    ソラナ(solana/SOL)の最高値は2万8000円ほどであり

    まだ、最高値に到達しておらず、今後のビットコインの上昇次第では

    最高値をクリアするものと思われる

    そういえば

    ソラナのミームコインも十分価格上昇した・・・Bonk

    ソラナ(solana/SOL)を日本で購入するには?


    購入

    現在は国内の取引所でもソラナのネイティブトークンのSOLが

    購入できるようになった

    日本国内での購入は、SB I VC トレードがおすすめです

    なんといってもSBIグループであることが大きい!!


    SBIのネットワークを最大に利用できる

    SBI VCトレード

    SBI VCトレード公式サイトへ

    関連記事

    わからんち SBI VC トレードの取引所ってどうなんだろうSBI証券はよく知っているけど仮想通貨も扱ってるんだね かみゅり SBIグループ傘下の取引所だよそれだけでも安心感が大きいけどねじゃどのような特徴があ[…]

    sbi vc trade
    最新情報をチェックしよう!