イーサリアム

イーサリアム現物ETF承認、「Dencun」アップデートはイーサリアム(Ethereum/ETH)の将来の価格に影響考える

2024年1月11日に待望のビットコイン現物ETFの承認が降りた

これは将来のビットコインの価格上昇に対して大変大きなことであり

ビットコインの資金流入が期待できる

さて、仮想通貨のシルバーとしてきたされるイーサリアムは

今後どのような期待を我々に見せてくれるのか?

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

次の2024年のバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


コインチェック

コインチェックの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ コインチェックはこちらから

コインチェック

コインチェック公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

BitBank

BitBankの特徴

  1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
  2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
  3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
  4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式サイトへ


イーサリアム(Ethereum/ETH)Dencunのアップデートは2024年2月?


時期

イーサリアムのDencunアップデートが2月末と予想されている

それはXに投稿された情報から

3つのテストネットワークへの公開が発表されたからである

(イーサリアムプロトコルサポートのTim Beiko氏がツイート)

その後、メインネットの公開とある・・・

■Goerli
2024年1月17日 15時32分(日本時間)


■Sepolia
2024年1月18日 7時51分(日本時間)


■Holesky
2月7日 20時34分(日本時間)


■イーサリアム メインネット
2月末?


「Dencun」アップデートの鍵 EIP-4844(プロト・ダンクシャーディング)


高速

Dencunのアップデートで重要な内容として

EIP-4844「プロト・ダンクシャーディング」であり

このアップデートでL2(レイヤー2)の処理にかかる費用が

100分の1まで下がるとされている

これはシャーディングを導入することで

最大64並列で処理が実施される



関連記事

仮想通貨には各種レイヤー(階層)が存在します 以前紹介したオンチェーンはレイヤー1(第一階層) オフチェーンはレイヤー2(第2階層)です。 階層が違うということ、そもそも物が違うと[…]

sidechain


何を意味するかというと

“並列”で処理されることで

圧倒的に処理速度が改善し、L2の費用が劇的に下がる

また、L2ではロールアップで処理をまとめてL1に承認処理を依頼する

L1のメインネットの処理も減ることで

結果、全体の処理速度が上がり、処理速度の改善

費用も下がるため、

イーサリアム全体の処理改善、費用を下げる

これは、利用するユーザが増えることにもなり

イーサリアムに流れ込む資金も増え

イーサリアム全体の時価総額が上がることになる

もう、これ以上言わなくてもいいと思うが

今後の価格に影響を及ぼすことは想像できる

関連記事

現在、イーサリアムのレイヤー2ソリューションは 複数のプロジェクトが動いている状況です。 イーサリアム関連のレイヤー2への対応は ロールアップ(レイヤー2を実現させるための1つの解決策) の技術が使[…]

ソリューション
関連記事

イーサリアムのマージのアップデートが終わったけど 手数料(GAS代)が全然安くならないやんって方 私も含めその様な誤解をしていた人が多いはず 実は今後のアップデートで […]

eth

イーサリアム現物ETFの承認?


承認

2024年1月11日にビットコインの現物ETF申請に対し

11社全てに承認された。

直近は一時的に事実売りは発生するであろうが

今後ビットコインへの資金が大量に流れ込み

価格上昇の後押しになるだろう



また、2024年4月はビットコインの半減期も控えている

2024年末から2025年にかけて

仮想通貨全体のバブルが再来する可能性が高い

ビットコインの次はイーサリアムの現物ETFについても注目を浴びており

イーサリアムの現物ETFの申請は

ブラックロック社を含めすでに申請済みである

ただ、米SECからは

「ステーキング基盤の仮想通貨銘柄は全て有価証券である」と

指摘されている状態で少し不安は残る

しかし、ビットコインの現物ETFの承認が降りたことで

何らかの緩和は考えらるだろう


そして・・・・

仮想通貨全体の資産を押し上げる、ビットコイン半減期がくる

過去の記事にも紹介しているが

2024年にはビットコインの半減期がある

詳しくはここでは話しないが

ほぼ確実に仮想通貨全体の価格上昇を牽引するのではないだろうか?

関連記事

わからんち 半減期ってなに?どうして半減期って重要なのかな?   kamyuri 半減期は、半減期の機構を使って、少しずつビットコインを流通させることなんだ わからんち […]

ビットコイン 半減期とは

イーサリアムは今後も買いか?


買い場

ビットコインの将来の予想は億超えも出ているぐらいではあるが

すでに日本円で700万近く価格は上がってきている(2024年1月現在)

それに対して

イーサリアムは37万程度(2024年1月現在)

将来1000万とも言われているイーサリアムは

今からでも投資対象としても悪くないのでないだろうか?

ビットコインの価格上昇が一旦落ち着くと

アルトコインのターンも過去から予想できる

今のうちに仕込んでおいて将来ワクワクするのも良いかもしれない

関連記事

ビットコインは将来数千万、壱億円だの 色々と予想がでている 仮想通貨のシルバーとも言われ 時価総額が2位でもあるイーサリアムはどうなのか? そもそも・・・イーサリアム[…]

イーサリアム
最新情報をチェックしよう!