stablecoin

暗号通貨市場の安定の鍵!ステーブルコイン(stablecoin)の完全ガイド

  • 2023年6月24日
  • IT
IT stablecoin
What is a stable

暗号通貨市場のはボラティリティが高く、

未だ不安定であることは否定できません。

暗号通貨市場の安定性を確保するためには、

ステーブルコインが欠かせません。

この完全ガイドでは、

ステーブルコインの基本概念から具体的な運用方法まで、包括的に解説します。


ステーブルコインは、価値の変動が少なく、法定通貨や他の資産にリンクしているため、

投資家や取引所にとって安定的な選択肢の1つです。

本ガイドでは、

ステーブルコインの仕組みや種類について詳しく解説し、

それぞれの特徴やメリット、リスクについても明確に説明します。

さらに、

ステーブルコインの市場動向や将来展望についても触れ、

読者がより洞察力を深めることができます。

安定的な暗号通貨投資を考えている方や、暗号通貨取引所の運営者にとって、

ステーブルコインの理解は不可欠です。

このガイドを通じて、

ステーブルコインの重要性や具体的な活用方法を習得し、暗号通貨市場での安定性を実現しましょう。

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

次の2024年のバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


コインチェック

コインチェックの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ コインチェックはこちらから

コインチェック

コインチェック公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

BitBank

BitBankの特徴

  1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
  2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
  3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
  4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式サイトへ


ステーブルコイン(stablecoin)とは:暗号通貨市場の安定化手段としての役割


role

固定、安定的なことを意味します。

ステーブルコインとは、

暗号通貨市場において安定性をもたらす重要な役割を果たすデジタル通貨です。

一般的な暗号通貨は価格の大幅な変動(ボラティリティ)があり、

投資家にとっては高いリスクを伴います。

しかし、ステーブルコインはその名の通り、

安定した価値を保つことを目指しています。

ステーブルコインの主な役割は、

暗号通貨市場の不安定性に対処することです。

価格の安定性を維持するために、ステーブルコインは通常、特定の資産

(例:法定通貨や商品)にバックアップされています。

これにより、価格の急激な変動が抑制され、投資家やユーザーはより予測可能な環境で取引や保有ができます。


ステーブルコインの安定性は、

暗号通貨市場における信頼性と実用性を向上させる効果もあります。

ビジネス取引や支払い処理にステーブルコインを利用することで、価格の変動リスクを軽減し、より安定的な取引環境を享受することができます。

また、ステーブルコインは仮想通貨の普及を促進するための重要な要素ともなっています。

価格の安定性により、一般の人々が仮想通貨を日常的な支払い手段として受け入れやすくなります。

暗号通貨市場の安定化に寄与するステーブルコインは、より広範な採用と大衆化の道を開く可能性を秘めています。


ステーブルコイン(stablecoin)の仕組み:価値の維持と安定性のメカニズム


structure

ステーブルコインの仕組みは、

価値の維持と安定性を確保するための特殊なメカニズムに基づいています。

通常、ステーブルコインは特定の方法でその価値を維持し、市場の変動に対して相対的に安定しています。


一般的なステーブルコインの仕組みには、複数の方法がありますが、

最も一般的なアプローチは「資産バックアップ」です。

これは、ステーブルコインの発行元が特定の資産(法定通貨や商品など)とステーブルコインを固定の交換レートで関連付けることを意味します。

つまり、1つのステーブルコインは常に特定の資産の価値に等しいとされます。

この資産バックアップのメカニズムにより、

ステーブルコインの価値は対応する資産の価値の変動に追従します。

たとえば、ステーブルコインが1ドルと関連付けられている場合、そのステーブルコインは常に1ドルの価値を持ちます。

Tether
Tether チャート 出典:coinmarketcap

市場の変動により、ステーブルコインの需要や供給が変動しても、

発行元はバックアップとなる資産を適切に管理することで、

ステーブルコインの価値を維持し続けることができます。


ステーブルコインの仕組みは、価値の維持と安定性を実現するための追加の機能も含んでいます。

例えば、価値の変動が一定の範囲を超えた場合には、発行元が介入して価格を調整することがあります。

また、スマートコントラクトやアルゴリズムを活用して、

ステーブルコインの供給量を調整し、需要とのバランスを保ちながら価値の維持を図ることもあります。


これらの仕組みにより、

ステーブルコインは暗号通貨市場において相対的な安定性を提供し、ユーザーに予測可能な価値をもたらします。

安定性と信頼性は、ステーブルコインがビジネス取引や暗号通貨の一般的な利用に適している理由の一つです。


ステーブルコイン(stablecoin)の主要な種類:法定通貨担保方からコモディティ型まで


pattern

ステーブルコインは、さまざまな種類が存在します。

それぞれのタイプは異なる特徴と利点を持ち、異なる方法で価値の安定性を確保しています。


  • 法定通貨担保型
  • 暗号通貨担保型
  • アルゴリズム型(無担保型)
  • コモディティ型

法定通貨担保型

法定通貨担保型とは

法定通貨(例:米ドル、ユーロ、日本円など)と1対1の交換比率を持ちます。

法定通貨と同じ価値で保たれるようにされている仮想通貨です。

  1. Tether (USDT): Tetherは、米ドルに担保された最も有名な法定通貨担保型ステーブルコインです。Tetherは、1 USDTが1米ドル等価に担保されています。

  2. USD Coin (USDC): USD Coinは、米ドルに担保されたステーブルコインであり、センター(Center)と呼ばれる連携企業が規制と監査を行っています。1 USDCは1米ドルと等価であり、法定通貨の担保が確保されています。


暗号通貨担保型

暗号通貨担保型ステーブルコインは、

一般的に複数の暗号通貨資産によって担保されている

  1. DAI (DAI): DAIは、イーサリアム(Ethereum)ブロックチェーン上で稼働する分散型ステーブルコインであり、他の暗号通貨資産によって担保されています。DAIは、イーサリアムのスマートコントラクトによって安定性を維持し、担保資産(一般的にはイーサリアムトークン)の価値が担保率を保つように調整されます。

  2. sUSD (Synthetix USD): sUSDは、Synthetixプロトコルによって発行される暗号通貨担保型ステーブルコインです。sUSDは、Synthetixのステーキング通貨であるSNXトークンを担保として持ち、Synthetixプラットフォーム内でのトレードや資産のシンセティック(合成)表現に使用されます。


アルゴリズム型(無担保型)

アルゴリズム型ステーブルコインは、法定通貨や暗号通貨に直接的な担保を持たず、代わりにアルゴリズムやスマートコントラクトによって価値の安定性を維持します。

  1. Ampleforth (AMPL): Ampleforthは、価格安定性のために弾力性を持つアルゴリズム型ステーブルコインです。毎日供給量の調整が実施されます、需要に対する供給の増減によって価格を調整します。需給バランスが取れない場合、AMPLの供給量が増減され、ユーザーのウォレットに自動的に調整されます。

  2. Empty Set Dollar (ESD): Empty Set Dollarは、供給量の調整を通じて価格の安定性を維持するアルゴリズム型ステーブルコインです。ESDは、トークンの所有者が供給量の増減に参加するためのメカニズムを持っており、需要と供給の変動に応じて価格が調整されます。


コモディティ型

コモディティ型は、

特定のコモディティ(商品)により価値の担保がされます。コモディティは、金、銀、石油などを指します。

  1. Digix Gold (DGX): Digix Goldは、金に担保されたコモディティ型ステーブルコインです。1 DGXは1グラムの純金に相当します。Digix Goldは、金の保管と認証を行い、ブロックチェーン上でトークン化された形で取引されます。

  2. Paxos Gold (PAXG): Paxos Standardは、Ethereumブロックチェーンで動作するERC-20トークン、金を担保とする暗号通貨



DAIはコインチェックで購入できるようになりました。


コインチェック

コインチェック公式サイトへ


ステーブルコイン(stablecoin)の利用方法:暗号通貨取引や保有の実践的なアプリケーション


use

ステーブルコインは、暗号通貨市場においてさまざまな実践的なアプリケーションや利用方法があります。以下にその一部を紹介します。


暗号通貨取引の安定的なベース通貨としての利用

ステーブルコインは、

価値の安定性を持つため、暗号通貨取引の際のベース通貨として広く利用されています。

価格の変動が激しい他の暗号通貨と比較して、ステーブルコインは相対的に安定した価値を持つため、

トレーダーや投資家はステーブルコインを使用して取引を行うことで、リスクを軽減しやすくなります。

仮想通貨ウォレット内での保有や移動

ステーブルコインは、

仮想通貨ウォレット内で保有および移動するための安定したデジタル資産として利用されます。

ウォレット内でステーブルコインを保有することで、暗号通貨市場の変動リスクから一時的に避けることができます。

また、ステーブルコインの移動は迅速でコスト効率が良く、国境を越えた送金や支払いにも利用されます。

仮想通貨の価格保護やポートフォリオのバランス調整

ステーブルコインは、

価値の変動が激しい仮想通貨市場において、投資家がポートフォリオのバランスを調整したり、リスクを分散するための手段としても利用されます。

価格の変動リスクを抑えつつ、仮想通貨の保有を継続するために、一部の資産をステーブルコインに変換することがあります。

企業やプロジェクトの支払い手段としての利用

ステーブルコインは、

企業やプロジェクトが支払い手段として利用することがあります。

特にグローバルなビジネスや国際取引では、ステーブルコインを使用することで通貨の変動リスクを回避し、支払いの迅速性と透明性を確保することができます。


これらはステーブルコインの利用方法の一部であり、

市場の成熟とともに新たなアプリケーションが出現する可能性もあります。

ステーブルコインは暗号通貨市場において価値の安定性をもたらし、実践的な用途に幅広く活用されることが期待されます。

まとめ

ステーブルコインは、

暗号通貨市場において安定性を提供し、世界中のトレーダーにとって重要です。

異なるステーブルコインは、裏付け、ペッグの維持、市場の信頼性などが異なります。

法定通貨に裏付けられたもの、金に裏付けられたもの、仮想通貨を担保とするもの、アルゴリズムを利用したものなど、さまざまなステーブルコインが存在します。

ステーブルコインをうまく利用すれば

仮想通貨のボラティリティーにうまく対処して、資産を増やすことも可能です

しかし、ステーブルコインを選ぶ際には、価値メカニズム、透明性、個人の投資目標などを考慮しましょう。

また、日本の現在の法律では、ステーブルコインに変換するときにも、税金が発生するため

よく、考慮して利用するようにしましょう。


DAIはコインチェックで購入できるようになりました。


コインチェック

コインチェック公式サイトへ

stablecoin
最新情報をチェックしよう!