ETF

米ブラックロック社(BlackRock)が現物ビットコインのETFを申請を、この意味する事は?この先、爆上はあるのか?

米ブラックロックが現物ビットコインのETF申請を行ったことは、ビットコイン市場に大きな意味を持ちます。

それを裏付けるかのように

申請後、ビットコインの価格は急騰しました。

また、この申請を受けて他の競合企業も同様の申請を急いで行っています。

将来の爆上については、

市場の反応やSECの判断次第となります。

ブラックロック社が現物ビットコインのETF申請を申請、

この意味する事は?

この先爆上はあるのか?

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

次の2024年のバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


コインチェック

コインチェックの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ コインチェックはこちらから

コインチェック

コインチェック公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

BitBank

BitBankの特徴

  1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
  2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
  3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
  4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式サイトへ

米ブラックロック社(BlackRock)とは?なぜ注目されるのか?その理由とは?


ブラックロック社は、世界最大の資産運用会社であり、

その規模と影響力から注目を浴びています。

もう少し詳細に落として確認しましょう。



資産運用のリーダー

ブラックロック社は、膨大な規模の資産を運用しており、その運用資産総額は数兆ドル※に達しています。

※2023年3月時点 9.09兆米ドル(約1,210兆円)

このような巨大な資産規模は、金融市場におけるブラックロックの存在感を高め、投資家や市場参加者からの注目を集める要因です。

投資商品の多様性

ブラックロック社は、幅広い投資商品を提供しており、機関投資家から個人投資家まで、さまざまなニーズに対応しています。

その中には、ETF(上場投資信託)やインデックスファンドなどの革新的な商品も含まれています。

これにより、ブラックロックは市場のトレンドを先取りし、投資家に多様な選択肢を提供しています。

iシェアーズ関連の銘柄といえば分かりやすいかもです
iシェアーズ ゴールド・トラスト(IAU)なども有名でしょうか

インフラストラクチャーの強化

ブラックロックは、資産運用におけるテクノロジーやデジタルインフラストラクチャーの強化にも積極的に取り組んでいます。

ブラックロック幹部はDeFIの将来性を見越しているが、KYCなど、誰と取引しているかなど

投資家が利用していく上での安全性にも力を入れている

サステナビリティへの取り組み

ブラックロック社は、持続可能な投資(ESG投資)に積極的に取り組んでおり、環境・社会・ガバナンスの観点から企業の持続可能性を評価し、投資判断に反映させています。



以上の要因から、ブラックロック社は資産運用業界においてリーディングカンパニーとしての地位を築き、市場参加者や投資家からの注目を集めています。


米ブラックロック(BlackRock)の現物ビットコインETF─爆上げ期待の理由と市場へのインパクト


ブラックロック(BlackRock)が現物ビットコインETFの申請を行ったことは、市場において大きな注目を集めています。

ブラックロックの現物ビットコインETFの申請が注目される理由の一つとして、

同社の地位と信頼性です。ブラックロックは世界最大の資産運用会社であり、その影響力は強大です

現物ビットコインETFの申請は、仮想通貨市場におけるブラックロックの参入を意味し、市場に対する信頼性と認知度を高めることが期待されています。

ブラックロック社がビットコインを投資対象と認めたことで
金などのコモディティと同じように、今後の投資対象として問題なしということです。

さらに、現物ビットコインETFの承認と実現は、市場におけるビットコインへのインスティチューショナル投資の増加をもたらす可能性があります。

ブラックロックがビットコインETFを提供することで、
一般の投資家にとっても簡単かつ効率的なビットコインへの投資手段が提供されることになります。

これにより、ビットコイン市場への資金流入が増加し、需要と価格の上昇が期待されるのです。

しかし、市場の予測やトレンドには常に不確定要素が存在することを忘れてはなりません。

ビットコイン市場は特に価格の変動が激しいため、爆上げが必ずしも保証されるわけではありません。投資家は自身の投資目標やリスク許容度に基づいて慎重な判断を行う必要があります。

ブラックロックの現物ビットコインETFの申請は、市場における注目度の高まりとビットコインへのインスティチューショナル投資の増加を予想させます。

その結果、ビットコイン市場には新たな展開や成熟度の向上が期待されますが、市場の動向には注意が必要です。


米ブラックロック社(BlackRock)がビットコインETFを申請─市場への機関投資家への波及効果は?


ブラックロックがビットコインETFを提供することにより、
一般の投資家にとってビットコインへのアクセスが容易になります。

従来、ビットコインへの投資は技術的なハードルやリスクの課題がありましたが、ビットコインETFの登場により、投資家は簡単かつ効率的にビットコインへのポジションを持つことができるようになるでしょう。

これにより、機関投資家だけでなく一般の投資家もビットコイン市場に参入しやすくなり、需要が増える可能性があります。


さらに、ビットコインETFの承認により、機関投資家のビットコインへの関与が増加することが期待されます。

ビットコインは通常、ボラティリティが高く、リスクがあるとされてきましたが、ETFの形で提供されることで、より多くの機関投資家がビットコインに対する興味を持ち、ポートフォリオに組み込む可能性があります。

このようなインスティチューショナル投資家の参入により、ビットコイン市場の流動性が向上し、市場の成熟度が高まると予想されます。


さらに、ブラックロックのビットコインETFは他の金融機関にも影響を与える可能性があります。

成功したビットコインETFの導入は、他の資産運用会社や金融機関にとっての参考となり、同様の投資商品の開発や提供を促すことが予想されます。

これにより、市場全体におけるビットコインへのインスティチューショナル投資の波及効果が生まれる可能性があります。

すでに、ブラックロック社が現物ビットコインのETFを申請したことで
インベスコ、ウィズダムツリー、ヴァルキリーの3社が相次いでETFの申請をしました。


米ブラックロック社(BlackRock)がビットコインETFを申請─その後のビットコインの価格への影響は?

ブラックロックは

・バンガード

・ステート・ストリート・グローバル

と並び世界3大株式運用会社です。


その会社がビットコインのETFを申請するということは
金融商品としてビットコインが認められたということです。

このながれから、機関投資家や個人投資家が
ETFを利用することで、安易に投資ができる状態になり
結果、ブロックチェーンへの資金が流れ込む=価格上昇を生むということですね

それを裏付けるかのように

ビットコインは6月21日にブラックロックのビットコインETFの申請をうけ

大きく価格上昇しています。

それだけ、

ビットコイン チャート
ブラックロックETF申請後
出典:coinmarketcap.com

まとめ

ながなが、説明しましたが、

ブラックロック社が、ビットコインの現物ETFを申請することの意味は大きく

ビットコインを金融商品として認めているということ

また、申請が通れば、大きくビットコインの価格を引き上げる

起爆剤であり

2024年のビットコインの半減期、イーサリアムの大型アップデートと

相まって、さらなるバブルを誘発させる可能性があるということです。

関連記事

わからんち 半減期ってなに?どうして半減期って重要なのかな?   kamyuri 半減期は、半減期の機構を使って、少しずつビットコインを流通させることなんだ わからんち […]

ビットコイン 半減期とは
関連記事

イーサリアムのマージのアップデートが終わったけど 手数料(GAS代)が全然安くならないやんって方 私も含めその様な誤解をしていた人が多いはず 実は今後のアップデートで […]

eth
ETF
最新情報をチェックしよう!