ripple_liquidity_hub

リップル への価格影響は? 企業向け流動性ハブ(Ripple Liquidity Hub)をローンチ


HUB

リップルは2023年4月13日に企業向け流動性ハブ

「Ripple Liquidity Hub」をローンチしました。


リップルは現在もなおSEC(米国の証券取引委員会)と

裁判中ではあるが

今年には裁判の決着がつくと予想されている

裁判の今後も視野に入れての

ローンチだと考えられる。

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

次の2024年のバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


コインチェック

コインチェックの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ コインチェックはこちらから

コインチェック

コインチェック公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

BitBank

BitBankの特徴

  1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
  2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
  3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
  4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式サイトへ


Ripple Liquidity Hub とは


Liquidity

Ripple Liquidity Hub は

流動性(Liquidity)を提供するハブであり

企業向けに作られている

「企業向け」ということに意味がある

Ripple Liquidity Hubを企業が利用することで

24時間365日、複数の仮想通貨の流動性の提供を受けることができる

また、複数の仮想通貨を一箇所で流動性の提供を受けることができるため

効率化が測られることで、大幅なコスト削減が可能ということ。


Ripple Liquidity Hubの利点


  • 24時間365日いつでも。大量の流動性を確保可能
  • 一箇所で流動性の調達が可能なため企業は大幅な手数料の削減、時間の削減が可能

Ripple Liquidity Hubの取り扱い通貨


・米ドル
・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサクラシック(ETC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステーブルコイン USDC
・ステーブルコイン USDT

XRPが入っていないのは、

現在のSEC米国の証券取引委員会)との

裁判を考慮してと考えられる。

関連記事

暗号通貨市場のはボラティリティが高く、 未だ不安定であることは否定できません。 暗号通貨市場の安定性を確保するためには、 ステーブルコインが欠かせません。 この完全ガ[…]

stablecoin

オンデマンド流動性(ODL)とは何がちがうのか?


RippleNet上ではXRPをブリッジとした

オンデマンド流動性(ODL:On Demand Liquidity)が

すでに提供されている

これは、従来の各国との資金の送金の問題に対処した

ソリューションであり

即時に、各国へXRPを利用して送金し

受け取ったXRPから各国の法定通貨として利用できるというもの


XRPをブリッジ通貨とし

このオンデマンド流動性だけで、完結している。


リップル XRPの今後は?


リップル社は

今後のWEB3.0に向けた

サービスを着々と準備しており

SECの裁判に決着がつけば

自ずと価格高騰が発生するものと思われる

ただし、2023年はよくて400円まで

(過去の最高価格が400円ぐらいであっため)

xrp_chart_202304
出典:coinmarketcap

2024年以降は

ビットコインの半減期

イーサリアムのシャーディング実装(イーサリアム2.0)

などの好条件に牽引され

価格上昇が続くと思われます。
(価格暴落も十分あり得るので 自己判断で・・・)

関連記事

わからんち 半減期ってなに?どうして半減期って重要なのかな?   kamyuri 半減期は、半減期の機構を使って、少しずつビットコインを流通させることなんだ わからんち […]

ビットコイン 半減期とは
関連記事

イーサリアムのマージのアップデートが終わったけど 手数料(GAS代)が全然安くならないやんって方 私も含めその様な誤解をしていた人が多いはず 実は今後のアップデートで […]

eth

まとめ


リップル(XRP)は今後の投資先として

決して悪くはないが

現在(2023年4月現在)70円台から考えると

2023年は数倍の価格高騰は起こりそうです


しかし、1点集中の投資ではなく

毎月計画を立てて実施する投資が

賢い選択かと思われます。

仮想通貨のボラティリティの高さから

一攫千金を求める方は

現時点で価格が上がっていないアルトコイン

また、今度出てくるイーサリアム関連の

レイヤー2関連のトークンを狙うのもありです。

少額・余剰資金でお願いします!!

関連記事

現在、イーサリアムのレイヤー2ソリューションは 複数のプロジェクトが動いている状況です。 イーサリアム関連のレイヤー2への対応は ロールアップ(レイヤー2を実現させるための1つの解決策) の技術が使[…]

ソリューション

仮想通貨への関心は底辺、今がチャンス

次の2024年のバブルに備えよう

おすすめの国内取引所


コインチェック

コインチェックの特徴

  1. 比較的扱っている通貨が豊富
  2. セキュリティについては、国内でもトップクラス
  3. さまざまな日本円の入金方法
    • 入金は銀行振込、コンビニ入金、クイック(Pay-easy)入金が選択可能
    • クイック入金では金融機関の営業時間にかかわらず、24時間365日決済

  4. NFTの取引ができる


未来への投資へ コインチェックはこちらから

コインチェック

コインチェック公式サイトへ

SBI VCトレード

SBI VCトレードの特徴

  1. SBIグループが運営する安心安全の暗号資産取引所
  2. イーサリアム(ETH)のステーキングが可能に
  3. 取引手数料がすべて無料
    • 口座開設手数料
    • ロスカット手数料

    • 口座維持手数料

    • 入出金手数料

    • 取引手数料

    • 入出庫手数料


SBIのネットワークを最大に利用できる

SBI VCトレード

SBI VCトレード公式サイトへ

BitTrade

ビットトレードの特徴

  1. フォビトークン、TRX、ジャスミーなど取り扱い通貨が豊富
  2. セキュリティ評価、世界最高水準
  3. BTC/JPY取引所の取引手数料が無料
  4. Maker0.000%~0.200% Taker0.000%~0.200% ※コインにより違います

ビットトレードでブロックチェーンの世界へ

フォビジャパン

ビットトレード公式サイトへ

BitBank

BitBankの特徴

  1. ADA、ASTR、CHZ、DOGEなど取り扱い通貨が豊富
  2. 1円未満の単位から取引可能(アルトコイン)
  3. 取引所が全てのコインで利用可能!!
  4. メイカーにおいてマイナス手数料を導入(アルトコイン)

オアシス(OAS)取扱開始記念キャンペーン>
bitbank(ビットバンク)

ビットバンク公式サイトへ

ripple_liquidity_hub
最新情報をチェックしよう!